toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
リーダーはマツコ・デラックスを目指すべき!?トップダウン型指導者が持っておきたい「許される力」

HOME > リーダーシップ > リーダーはマツコ・デラックスを目指すべき!?トップダウン型指導者が持っておきたい「許される力」

LEADERSHIP2017.6.15

リーダーはマツコ・デラックスを目指すべき!?トップダウン型指導者が持っておきたい「許される力」

リーダーシップ | 2017/6/15

リーダーはマツコ・デラックスを目指すべき!?トップダウン型指導者が持っておきたい「許される力」

リーダーには上からの指示で部下を従わせるトップダウン型と、部下の協力を募ってプロジェクトを進めるボトムアップ型があると言われています。どちらも一長一短ですが、特にトップダウン型のリーダーを自認している人が、部下との距離感が離れてしまい、苦労しているのではないでしょうか。そんなリーダーに知ってもらいたいのが、「許されちゃう力」です。

 

トップダウン型には威厳が必要?

上からの指示で部下を動かすトップダウン型のリーダーには威厳が必要だとしばしば言われます。威厳や尊敬を集めることで部下に言う通りの動きをしてもらうのですから、リーダーがヘコヘコしていたらトップダウンにならないですよね。

 

しかし、リーダー自身がそれを徹底しすぎると、部下と親しくするのをためらったり、逆に部下がリーダーのことを少し恐れてしまったりしてしまうこともあるでしょう。上から部下を従わせるリーダーシップは強力な一方、部下に恐れを与えるなどしてリーダーと部下の距離を遠ざけてしまうことがあるのです。

 

ちょっと強気なことを言っても「しょうがないよね」と思われる力

そこでトップダウン型のリーダーが意識したいのが「許されちゃう力」。あなたの周りにも、「結構毒舌なんだけど、あの人ならなんとなく許せちゃうんだよな〜」という人はいませんか?

 

例えば、芸能人ならマツコ・デラックスさん。多少ハードなお願いをされても「しょうがないな」と思いながらもストレスなく引き受けてもらう力。優れたトップダウン型のリーダーは、こうした力をうまく使っているのではないでしょうか。

 

「許されちゃう力」=可愛さ?

あったら便利な「許されちゃう力」。実は、これは仕事ができるかどうかとはあまり関係ありません。大事なのは、ある種の「可愛げ」を持っているかどうかです。

 

例えば、普段は厳しい上司でも裏で家族の写真を大切にしていたり、家に帰ったら愛犬を可愛がっていたりすると分かれば、愛着が湧きますよね。このような素朴な可愛さや、「実は手先が不器用」のような欠点があると、少しハードなことを言っても「リーダーを裏では頑張っているんだよな」となんとなく許されてしまうもの。

 

トップダウン型のリーダーでも、必ずしも権威的である必要はありません。むしろ、ちょっとした弱みや可愛さがあると「許されちゃう力」として部下との連携もスムーズになるかもしれませんね。

 

toTOP