toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
部下の指導で意外と忘れがちな「参加しているという感覚」とは?

HOME > リーダーシップ > 部下の指導で意外と忘れがちな「参加しているという感覚」とは?

LEADERSHIP2017.7.7

部下の指導で意外と忘れがちな「参加しているという感覚」とは?

リーダーシップ | 2017/7/7

部下の指導で意外と忘れがちな「参加しているという感覚」とは?

部下のモチベーション管理は上司にとって解消されることのない永遠の課題。とはいえ現実には部下にかまってばかりいるわけにもいきません。機械的に接しているとどうしても忘れがちな、しかし部下のやる気に関わる重大な要素にあなたは気づいているでしょうか?

 

上司のために仕事をしている感覚

頑張っているはずなのに肝心なところで詰めきれない、返事はいいものの実際の仕事ぶりはもうひとつパッとしない……。そんな部下は無意識のうちに、上司のために仕事をしてしまっているのかもしれません。

 

あくまで指示を出されたから、やらなきゃいけないことだからやっているという感覚では、行動自体にそこまで違いがなくてもどうしても最終的にはしまりのない結果になってしまいます。そんな部下に足りないのは、自分から進んで「仕事に参加している」という感覚なのです。

 

仕事を自分ごとにするということ

上司のため、会社のためにする仕事の対極に当たるのが、自分のために働くという感覚でしょう。業務の全てが自分の地肉になる、自分の将来につながると思える人は業務に最大限の力を発揮してくれるはずです。

 

とはいえ、仕事を自分ごとに思う感覚を上司が与えてやることはそう簡単ではないでしょう。そのためには部下のやる気の原動力や将来の目標に触れなければならないからです。

 

自分ごとだと思わなくても、「参加している」と思えればいい

部下の勤務態度を「自分ごと」の域にまで誘導するのは大変ですが、他にもスタンスを変える手段はあります。仕事に積極的に「参加している」という感覚を与えるのです。

 

例えるなら、これは学生時代の文化祭の準備になんとなく加わりたくなるような感覚。協力しても自分のための見返りは表面的なレベルではありませんが、みんなで協力すればでっかい何かが出来上がりそうだからつい力を貸してしまう。これが仕事に「参加している感覚」です。

 

上司のためでも自分のためでもなく、大きなプロジェクトの一端になっているという感覚も、業務に対してプラスのモチベーションを与えてくれます。やる気が出ない部下に必要なのは、もしかしたらその仕事が純粋に大きくて価値あることだと伝えることなのかもしれませんね。

toTOP