toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
コミュニケーションが上手くない人は、会話の目的を「シュート」だと思っている

HOME > マネジメント > コミュニケーションが上手くない人は、会話の目的を「シュート」だと思っている

MANAGEMENT2017.6.8

コミュニケーションが上手くない人は、会話の目的を「シュート」だと思っている

マネジメント | 2017/6/8

コミュニケーションが上手くない人は、会話の目的を「シュート」だと思っている

「会話ではとりあえず肯定しておけ」という主張は、きっと誰もが聞いたことがあるはず。とはいえ、あまりに単純な考え方にも見えるので多くの人はきちんと実践したことはないのではないでしょうか?職場のコミュニケーションに悩む方に改めて勧めたいのは、「とりあえず肯定」という基本をしっかり守ってみることです。

とりあえず「そうですね……」をなぜやらない?

多くの人が聞いたことがある「とりあえず肯定」というコミュニケーション手法。知っているはずなのになぜ多くの人はこれを実践したいとは思いませんよね。

 

なぜなら、「そうですよね」ばかり言っている人なんてコミュニケーションが全く上手くなさそうに見えるから。面白い話、タメになる話ができない人になりたくないから、とりあえずの肯定なんて全く意味がないと思ってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、この思い込みがコミュニケーションを困難にしている最大の理由なんです。

 

会話の目的は「面白い話をすること」ではない

上記のように考えている人は、会話をバスケのフリースローのように考えているのではないでしょうか。面白い・タメになる言葉というシュートで、対話相手というゴールにうまくボールを入れるのが目的になっているんです。

 

しかし、コミュニケーションが不得意な人がこのような意識を持つのはかなり危険。なぜなら、上手なシュートのように話すことなどほとんどの人間には不可能だからです。コミュニケーションをスムーズにするためには、会話をキャッチボールとしてイメージしてみましょう。

 

相手にボールを投げさせるための「そうですね」

会話は一方がボールを投げるのではなく、お互いにボールを投げ合うことで成立するもの。なので、「いかに上手くボールを投げるか」ではなく、「いかにスムーズにボールをやり取りするか」を目的にすべきなんです。

 

そう考えると、とりあえず「そうですね」と返事することにもかなり抵抗感がなくなるはず。「そうですね」はただ相手の話を肯定しているのではなく、「あなたの話はよくわかります。ですから、もっと喋って欲しいです」というメッセージなのです。

 

 

会話をシュートではなくキャッチボールとしてイメージしてみるだけで、コミュニケーションの敷居はかなり下がるはず。キャッチボールでは、速いボールや変化球を投げる必要はありませんよね? 会話もそれと同じ。インパクトのある言葉、強い言葉ではなく、ありふれていても受け取りやすい言葉を投げかけることが、会話を長続きさせる鉄則なんです。

 

 

toTOP