toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
こうすれば動きたくなる。「支持待ち人間」を自然と脱却させる方法

HOME > マネジメント > こうすれば動きたくなる。「支持待ち人間」を自然と脱却させる方法

MANAGEMENT2017.2.22

こうすれば動きたくなる。「支持待ち人間」を自然と脱却させる方法

マネジメント | 2017/2/22

こうすれば動きたくなる。「支持待ち人間」を自然と脱却させる方法

働いていれば、「指示待ち人間」という言葉を聞いたことがあると思います。指示待ち人間とは、自分からは行動を起こさずに、指示があるまで仕事をしない人間のことです。どこの職場にも少なからず存在する指示待ち人間。先輩や上司からすると、指示待ち人間を卒業させるのはなかなか難しいところですよね。そこで今回は、指示待ち人間から脱却させる方法を紹介します。

指示待ち人間の性格を把握する

一口に「指示待ち人間」と言っても、 その人の性格によって指示待ちの状況は変わってくると思います。ですから、自分の職場にいる指示待ち人間の性格を理解しておくのはとても大切なこと。指示待ち人間の特徴としては

 

・ 決断力が鈍い(優柔不断)

・ 自分から話しかけてこない

・ 責任のある仕事を避けたがっている

・ 自分の仕事のポジションがよく分かっていない

などが挙げられます。

 

もちろん、上記以外のパターンもありますが、まずは何が原因で指示待ち人間になっているのかを把握すると、話すべき言葉も変わってくるはずです。

仕事の内容を最初から最後まできちんと説明しておく

一つの仕事やプロジェクトに取り組む時には、最初から最後までプランを一通り説明してしまいましょう。「なんとなく内容はわかっているだろう」と思って仕事をスタートさせてしまうのは大変危険。ここで積極的に支持をもらいに来てくれる人間はまだ良いですが、指示待ち人間はますますドツボにはまってしまいます。

 

指示待ち人間に圧倒的に多いのは、仕事の内容が把握できていないこと。彼らには「いつまでに何をしなければいけないのか?」「その後には何をするべきなのか?」が全く見えていません。道筋が見えているだけで、働く姿勢が変わってくる可能性はかなりあります。

 

職場の人間関係を円滑にさせるように努力する

人間関係と指示待ち人間は大きく関係しています。引っ込み思案な性格の人ならば、気軽に会話を楽しめる人間関係を作るだけで、仕事の取り組み方にもハリが出てくるかもしれません。常に緊張感がはりつめた職場だと、心の中では「指示をもらいに行かなくては」と思っていても行動に移すことはできず、結果的に指示待ち人間に見えてしまっている可能性もあります。人間関係が円滑であれば、「今まで本人がどのような気持ちで仕事をしていたのか?」という本音が何気ない会話の中から見えてくるはずです。

 

いかがでしょうか。指示待ち人間を生み出しているのは、当人の性格ではなく上司や職場といった環境かもしれません。自分から動けない人を責めるのではなく、まずは彼らが100%ポテンシャルを発揮できる場を用意してあげましょう。

toTOP