toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
頑張りすぎないモチベーションアップ術。「仕事だから」と割り切るとやる気が上がる!?

HOME > モチベーション > 頑張りすぎないモチベーションアップ術。「仕事だから」と割り切るとやる気が上がる!?

MOTIVATION2016.11.5

頑張りすぎないモチベーションアップ術。「仕事だから」と割り切るとやる気が上がる!?

モチベーション | 2016/11/5

頑張りすぎないモチベーションアップ術。「仕事だから」と割り切るとやる気が上がる!?

仕事のやる気を高める方法としてしばしば謳われるのは、仕事を自分ごとのように重要視して真摯に取り組めるようにすること。しかし、ここで紹介するのは逆に仕事を「たかが仕事」と割り切ることでモチベーションを維持する方法。一見逆効果にしか見えないマインドセットですが、こうした考え方はどのようにモチベーションアップに寄与するのでしょうか?

 

新人がモチベーションを失うのは、理不尽なことを言われたとき

仕事のモチベーションを削ぐ大きな要因は、なんといっても理不尽な対応をされること。事務職のような、あまり社外の人との接触がない職種もある一方で、つねに顧客の動向に左右されるのがサービス業などの接客業。たとえ働いている本人が、やる気にみなぎっていたとしても、顧客の心無い挙動に仕事を頑張ろうとは到底思えなくなることもあるはず。

 

例えば、会社の受付などの業務に従事している場合に、職場を訪れた人から理不尽なことをいわれるかもしれません。他にも、役所の窓口対応など、客を選ぶことができない職業では相手からとうてい無理難題な言い分を突きつけられることも少なくありません。特に仕事になれないうちは、こうした出来事一つ一つに心を痛めてしまうものです。

 

解決策を考えても仕方ないこともある

約束を守られなかった、裏切られた、理不尽な文句を受けたなど、特に社会に出てからは誰かに不快な思いをさせられることも少なくありません。とはいえ、ここでその原因や改善策を考えすぎるのがベストとは限りません。もちろん、あなたの対応が完全だったとは限りませんが、仮にベストな対応ができたとしてもこうしたトラブルを100%避けることはできません。相手には相手の立場や個人的事情があり、端的にいえば誰が何をするか分からないのが現実です。

 

とはいえ、こうした人間関係は言ってしまえば仕事をしている間だけのもの。趣味や感性、何らかの共感できるきっかけがあったプライベートの人間関係とは違い、仕事で関わるのは、人事の都合や客と店員の関係といった外部的な要因がきっかけで否応なしに関係を持たなければならない相手です。

 

彼らとのプライベートでの接点は、よほどのことがない限りほとんどありません。そうした点を考えれば、職場で応対する人たちとの関係も、職場限りの関係と割り切ってしまうのは有効な手法です。特に気持ちの落ち込んだときなど、回りへ配慮する余裕が持てないときは、あくまでも職場での役割に徹することに割り切って応対するとストレスがふっと消えることもあります。

 

職場や仕事に始めから大きな理想を追い求めすぎると、それを裏切られたときになかなか立ち直れなくなります。そういう意味では、まずは目の前の人間関係は仕事のために必要な役割的なものだと割り切ってしまいましょう。そうして最低限の役割がこなせるようになったら、次第にそこで関わる人がどんな人なのか気になってくるはず。そうなったら自分もプライベートな側面をさらけ出していって、少しずつ距離を詰めていけばよいのではないでしょうか。仕事に慣れないうちから職場の人と全面的に仲良くなろうとするのは、人によってはとても難しいはず。そういう意味では、仕事でやる気を失わないようにするには、逆説的かもしれませんが、仕事だからと割り切るのも大切なのです。

toTOP