toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
やる気がでないなら一旦休憩してみれば?モチベーションがみるみる復活する5分間休憩術

HOME > モチベーション > やる気がでないなら一旦休憩してみれば?モチベーションがみるみる復活する5分間休憩術

MOTIVATION2017.3.5

やる気がでないなら一旦休憩してみれば?モチベーションがみるみる復活する5分間休憩術

モチベーション | 2017/3/5

やる気がでないなら一旦休憩してみれば?モチベーションがみるみる復活する5分間休憩術

「よし、働くぞ!」と始業時にはたっぷりだったモチベーションも、数時間後には見る影もなくなっている……。こんな経験は誰にだってあるはず。人間は機会ではないのですから、疲れた時には休憩をとるのが一番。事実、仕事の出来る人ほど上手に休憩を取っているものです。そこで今回は、5分でできるお手軽休憩術を紹介します。

軽くストレッチしてみよう 

ストレッチは、座りっぱなしのデスクワークなど長時間同じ姿勢のまま仕事をしている人たちにおすすめのリフレッシュ方法です。同じ姿勢を維持していると、身体の血液の流れが悪くなるため、エコノミー症候群に近い状態になっています。そのため、 簡単なストレッチ運動は気持ちのリフレッシュだけでなく、健康面にも大きな効果を与えます。「簡単な屈伸運動をしたり」、「コンビニにちょっと買い物に行く」という程度の歩行でも良いでしょう。ゴムを使ったコンパクトなストレッチ器具などもあるので、デスクの引き出しに入れておくのもいいかもしれませんね。

労働環境から離れてみる 

休憩を取る時はデスクではなく、場所を変えた方がよいでしょう。自分の仕事道具に囲まれた環境で休憩をとっても「仕事の手を止めている」だけで、「休憩した!」と実感しづらいはず。上手に短い時間で休憩をとるためには、仕事から離れるべきです。 もし、屋上がある職場なら、屋上にいって休憩をとったり、喫煙所でタバコを吸ったりするなどがおすすめ。職場の休憩スペースに居たくないのであれば、外に出て空気を吸ったりするのも良いでしょう。この時には、コーヒーを一杯飲んだり、水を一杯飲んだりするのもおすすめです。頭が疲れている場合には、糖分を欲している状態なので、チョコレートを一かじりするというのもいいかもしれません。

5分間でも質の良い睡眠を心がける

たった5分間であっても、仮眠は疲労回復にかなり貢献します。そこで大切なのは、「眠りに入る」ためのスイッチングを用意して、体をすぐさま睡眠モードに切り替えること。例えば、耳栓やアイマスクを用意しておけば、5分間でも眠りにつく癖をつけることができるでしょう。

5分間休憩で大切なのは、とにかくメリハリをつけること。ずっと仕事モードでいれば当然疲れてしまいますが、5分でいいから「休んだ」と思うことができるだけで、モチベーションはかなり持続するはずですよ。

toTOP