toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
あなたのモチベーションはなぜ続かない?自分をコントロールする力「自制心」について

HOME > モチベーション > あなたのモチベーションはなぜ続かない?自分をコントロールする力「自制心」について

MOTIVATION2017.5.30

あなたのモチベーションはなぜ続かない?自分をコントロールする力「自制心」について

モチベーション | 2017/5/30

あなたのモチベーションはなぜ続かない?自分をコントロールする力「自制心」について

 

いざ仕事に取り組んでも、なかなかモチベーションが続かず苦労している人は少なくないでしょう。モチベーションを司る力の1つが「自制心」ですが、モチベーションへの注目度に対して意外とこちらについて詳しい人はあまりいない印象。ハイディ。グラント。ハルバーソン『やってのける』から、自制心の基本を確認してみましょう。

 

自制心とは?

仕事中の意味のないメールチェックや帰り道での無駄なショッピング……こうした長期的に考えたら意味がないのについついやってしまう行動を食い止める意志の力が自制心です。

 

もちろん自制心は誰にもある力ですが、人によってその強さは違います。また、自制心は使わなければ衰えるし、逆に頻繁に使うことで鍛えることもできます。つまり、自制が習慣になっている人は脇目も振らず仕事をするのが上手くなるし、そうでない人は集中しようとしてもすぐに仕事を放り出してしまう傾向にあるのです。

 

自制心も消耗する

頻繁に使うと鍛えるという説明からもわかるように、『やってのける』では、自制心は筋肉に例えられます。筋肉とのもう1つの相似点は、自制心も使いすぎると消耗する点です。

 

仕事で我慢を続けた日の夜につい大きな買い物をしてしまった経験はないでしょうか?これは日中の行動で自制心が疲れてしまった結果だと考えることもできるのです。

 

自制心を回復するには?

では、疲れた自制心を回復するにはどうすればいいのでしょうか?自制心は、血糖の量に影響されます。タンパク質や糖質を摂取することで自制心は回復するのです。特に即効性を求める場合は、砂糖を使ったお菓子が有効です。

 

また、人間にも慣性の法則のようなものが存在するため、一度始めた行動を止めるには自制心を消費します。逆に言えば、自制心が少なくなる前から単調作業を繰り返せば自制心に頼らなくても長時間仕事をできるということになります。

 

モチベーションを維持するための研究は、様々な角度からなされています。一番重要なのは、どんな人の自制心にも限界があるということ。消耗していると感じたら、無理やり作業せずに一休みするのも手です。

 

toTOP