toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
仕事に集中できない原因は身近なところに?SNS疲れは仕事にも影響する!?

HOME > マネジメント > 仕事に集中できない原因は身近なところに?SNS疲れは仕事にも影響する!?

MANAGEMENT2017.7.15

仕事に集中できない原因は身近なところに?SNS疲れは仕事にも影響する!?

マネジメント | 2017/7/15

仕事に集中できない原因は身近なところに?SNS疲れは仕事にも影響する!?

いまや生活になくてはならないほどに普及したSNSですが、一方で巷ではSNS疲れを自覚する人も少なくありません。もしもあなたがなんとなく仕事に集中できないのなら、それはSNSが原因かもしれません。

 

奪われるのは時間ではなく、意志力

例えば仕事の合間についつい開いてしまうTwitterやFacebook。一度の時間は大したことがなくても、積み重ねると膨大になるのでやめたいと思っている人は多いですよね。

 

しかしこの仕事中のSNSの最大の問題点は、あなたの貴重な「意志力」を奪っている点。人間がひとつの物事を継続させるためには誘惑に負けない意志力を必要としますが、SNSを開くたびにそれがぶつ切りにされてしまうのです。

 

短い言葉の誘惑

なぜ私たちは隙間時間についSNSを開いてしまうのでしょうか?最大の理由は、短い言葉で刺激を得られる点でしょう。たったの140文字で、遠くにいる知り合いの考えていることやオチのついた簡潔な情報を知ることができるのですから。

 

短期的な刺激に満足する経験が多くなると、人は時間をかけた長期的な体験に耐えられなくなります。あなたが仕事で長い文章の精読や長時間の同一作業が苦手になってきたのなら、SNSが原因かもしれません。

 

長期間の体験に触れてみる

したがってSNS疲れを癒すのに有効なのは、短時間で連続的に刺激を供給されない、長期的な体験に馴れることです。仕事後に今までSNSに割いていた時間を、読書や映画に当ててみましょう。

 

長い時間をかけてひとつの言葉、物語に接する経験を増やしていけば、その意志力は仕事にもきっと生かされるはず。SNSでは得られない骨太の刺激は、きっと仕事に行き詰まった時にもあなたを支えてくれるはずです。

toTOP