toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
闇雲に上げるだけではダメ。ロイヤリティ向上は「誰のために」が重要!

HOME > ロイヤリティ > 闇雲に上げるだけではダメ。ロイヤリティ向上は「誰のために」が重要!

ROYALTY2016.9.12

闇雲に上げるだけではダメ。ロイヤリティ向上は「誰のために」が重要!

ロイヤリティ | 2016/9/12

闇雲に上げるだけではダメ。ロイヤリティ向上は「誰のために」が重要!

会社組織において、ロイヤリティ(忠誠心)はなんのためにあるのでしょうか?「組織なのだから忠誠心がある方がいいのは当然だ」と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。ここでは、ロイヤリティを重点的に高めるべきメンバーの特徴を紹介します。

 

「給料分の仕事ができる人」はロイヤリティの必要性が薄い

まず、ロイヤリティがなくても問題のない人とはどんな人でしょうか?当たり前のことですが、それはロイヤリティがなくてもきちんと仕事をこなせる人です。こうした人は仕事のモチベーションを会社組織以外、例えば給与などに向けており、かつそれだけできっちりやるべきことをこなそうと考えます。つまり、自分の仕事の範囲を切り分け、その分についてきちんと責任を負える人材だということになります。

 

もちろん、こうした人材がロイヤリティを意識するようになれば、仕事の範囲をさらに広げて活躍してくれるかもしれません。とはいえ、彼らは現状でも十分に仕事をこなせているので、ロイヤリティがなくてもそこまで問題はないのです。

 

ロイヤリティの向上は、特に仕事ができない人に有効

ロイヤリティを優先的に高めるべきなのは、自分に任された仕事を十分にこなすことができないメンバーです。こうした人物は能力が足りていないだけでなく、成果を出せていない自分に劣等感を持つことで、さらにパフォーマンスを下げてしまっている可能性があります。

 

そこで効果を発揮するのがロイヤリティです。組織に忠誠心を持つということは、自分が組織のために何かできることがあると思うようになることでもあります。自身が組織にとって欠かせない存在だと認識すればモチベーションが上がり、足りない能力を何とかして補おうとするでしょう。ロイヤリティの向上は、能力の高くないメンバーにこそ大きな力を発揮するのです。

 

理想は全てのメンバーが完璧に仕事ができるプロフェッショナル集団かもしれませんが、そんな組織はまず存在しません。そこで考えるべきは、現状のメンバーで最大限のパフォーマンスを引き出す方法です。そこで有効なのが能力が、低い人を最低限のラインまで引き伸ばすこと。ロイヤリティの向上はこれに大きく寄与するのです。それによって全体のパフォーマンスが上がればさらにロイヤリティは向上し、結果として仕事ができる人にもプラスの効果をもたらすでしょう。社内のロイヤリティを高める際には、主にどんな人に働きかけたいかをイメージしてみるとよいでしょう。

おすすめ記事この記事を読んだ人によく読まれています!

toTOP