toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
個人が十分に力を発揮できるチームの条件とは?

HOME > チームワーク > 個人が十分に力を発揮できるチームの条件とは?

TEAMWORK2016.9.30

個人が十分に力を発揮できるチームの条件とは?

チームワーク | 2016/9/30

個人が十分に力を発揮できるチームの条件とは?

優れたチームの大きな条件が、個人個人が能力を発揮できる環境を提供できていること。結論から言ってしまうと、そのために必要なのは役割分担がその人材の能力とモチベーションに適したものであること。では、個人が十分に力を発揮できるチームのあり方を見てみましょう。

 

正しく役割分担できているか?

例えば、営業成績が良い人材をリーダーに昇格させたとしても、その人が人を育てるのが苦手であれば部下は育ちません。部下への思いやりや愛情は上司に必須なスキルなので、これが欠けている自己中心的な人材は部下からすれば迷惑なだけ。上司は部下に関心を示さず、当然部下は育たないのでどちらにとってもマイナスな結果になります。

 

この場合は、営業成績は一番で配慮やフォローが上手な人を上司に指名した方が、誰にとってもプラスになる可能性が高いでしょう。上司となった人は部下に育成することで自分も更に成長し、部下は当然きちんと指導を受けることで成果を出します。

 

大事なのは充足感と感謝の気持ちの掛け算

人のモチベーションはそれぞれ違うため、部下がついたその責任感から「しっかりしなければ」とやる気になる人もいれば、自分の毎月の成果を上げていくことにひたすらやる気を燃やす人もいるのです。よいチームワークのある組織はお互いの「良い点」にフォーカスし、課題点に対し、さして問題としない所にあります。

 

苦手なことや課題点を無理やりさせられることほど、モチベーションが下がることはありません。なるべく得意なことを伸ばしていった方が効率は良いし、自分ができないことをしてくれる人に対しての感謝が生まれるので更にチームワークが良くなることもあります。

 

また、個人個人の個性や強みを尊重することで、一人では成し遂げられなかったことがチームみんなで達成できる連帯感が生まれます。チームワークに必要なことは、「自分の力がチームの役に立っている」という充足感と、「みんなのおかげ」という感謝の気持ちの掛け算が必要なのです。

 

自己中心的だけれども成績を上げてくれる人は部署にとって有り難い存在ですし、部下を育成してくれる人もまた部全体にとって有り難い存在なのです。一見、成績を出せないダメ社員に見える人も、みんなのムードメーカーや人と人を繋げ人間観関係を円滑にするのが得意な人であれば、やはり部にとって必要な存在なのです。チームをまとめる際に大切なことは、全員に同じ成果を求めず、その人の能力に見合った役割が与えることなのです。

toTOP