toTOP
powered by 運動会屋
Menu
運動会ソリューションズ
チームワークの仕事とはどうあるべきか

HOME > チームワーク > チームワークの仕事とはどうあるべきか

TEAMWORK2016.3.15

チームワークの仕事とはどうあるべきか

チームワーク | 2016/3/15

チームワークの仕事とはどうあるべきか

 

「仕事はチームワークだ」「協力が大事だ」こうはいうものの、良いチームワークってどんなものか考えたことはないのでは?

今日は良いチームにとって大切なポイントをあげていこうと思います。

 

1.リーダーがチームメンバーを熟知していることが必要

まず大事なのは、勿論リーダーです!ではどんなリーダーが良いのかというと、当たり前ですが、みんなのことをわかっているひと。これは普段からコミュニケーションを取っていないと当然無理なことですよね。この人の苦手なこと、得意なことはなにか、この人の良いところを最大限発揮できるポジションはなにか。それを理解することで、仕事の能率の良いチームができますし、働いてより楽しい職場になることでしょう。

 

そして楽しく働きやすいチームであるために大事な2つのポイントがあります。

 

 

2.「失敗を許容できること」、3.「意見の交換をしあえること」

失敗をしたとき、責められるなと感じれば言い出しにくいですし、落ち込めばパフォーマンスを落ちて、更なるミスをしかねません。

失敗したときに大事なのは、気持ちの切り替えと、同じミスをしないためにどうしたら良いのか考えること。システムが悪いのか?自分の注意不足なのか?そういう失敗を指摘し、また支えあえるチームがよいチームというものです。

また、意見の交換がしあえるなら、情報伝達不足のミスなんてものも起こり得ません。

 

4.目的、目標を持って進んでいるか

組織にとって一番大事なことは、その組織がどんな目標・目的をもって進んでいるのかということです。

会社の理念を理解し、それに沿って利益をあげるためにはどうすればよいのか?

それを理解していなければ、毎日同じ事をただ繰り返すだけになってしまうでしょう。

 

個々のメンバーがきちんと目標をもって、自分の役割を理解して、仕事に取り組んでいるか?リーダーは把握できているでしょうか?

 

まとめ

ここまで4つのポイントをあげました。この4つのポイントがクリアできるようなチームであれば、チームにとって一番大事なポイント「メンバー同士に信頼関係があること」は勿論できていることでしょう。

問題が起こったとき、すぐコミュニケーションを取ることのできる存在がある。

この仲間のために、自分はこの役割を完璧にこなす。そういう意識があるチームなら、チームワーク一番のメリットである相乗効果を生み出すことができるでしょう。

いかがでしたか?良いチームにとってたしかにどれも大切なことだと思っていただけたでしょうか?

良いチームであるために、ぜひあなたの会社でもこのポイントを見直してみてください。

 

そして、少しでも足りないものがあると思ったら、ぜひ、社内イベントを取り入れましょう。

 

運動会はチームワークでの個々の仕事力を高める

運動会を社内で開催するのです。スポーツで一番大事なのがチームワークです。

自分のチームにどんな問題があるのか見直す切っ掛けになりますし、スポーツでストレス発散もできます。

普段知ることのできなかったメンバーの良い面を発見し、普段のチームのあり方に生かせるかもしれません。

 

ぜひ検討してみてください。

 

 

toTOP